<2017.1.22のメッセージ>   メッセージ:小山 健 師

御霊に従って歩む


 ― 向きを変えて出発するにはどうしたらよいか? ―
メイン聖書箇所:ローマ8:1~6、申命記1:7~8


(なぜとどまっていてはいけないのか?)
1.私達は解放されているから
 1)私達は罪から解放されている(ローマ8:1)
  ・私達はもう罪に定められていない(ローマ8:3)
 2)私達は「永遠のいのち《に生かされている(ローマ8:2)
 3)私達は解放されていても罪にとどまりやすい者である(申命記1:6)
  ・私達は、自分達の弱さ、恐れの方に目を向けやすいものである
  ・クリスチャンであっても私達は、弱さ、肉の性質をもっている
 4)しかし、解放された者として罪から離れ、主の示される方向へ進むべきである
 ・『悔い改める』=『向きを変える』


(どこに向かうのか?)
2.私達が向かうべき3つの地
 ①私達の職場・学校・家庭・地域
  ・主の御心の地に進むのであれば、そこは主が私達の手に渡している地(創世記12:1)
  ・私達が占領するべき地(申命記1:21)
  ・遣わされた地で、福音を伝える、神様の栄光を表す
 ②まだ救われていない人達、宣教地
  ・日本の99%以上の救われていない人達に福音を伝えていく
  ・世界宣教のために祈り、捧げる、宣教師を送る
 ③私達の心の中のまだ占領されていない領域
  ・罪を悔い改め、罪から離れ、罪を犯さないように努める
  ・肉ではなく御霊に従う(ローマ8:5)


(どのように進んでいくのか?)
3.御霊に従って歩む
 1)肉の罪の性質に従って歩むのでなく、聖書の教える聖さの中を歩む(ローマ8:5)
 2)聖霊に属することをもっぱら考える(ローマ8:6)
 3)具体的に御霊に従って歩むことを2017年に達成していきましょう!
  ①御言葉を読み、御言葉に生きる
  ②毎日、多くの瞬間に祈り、聖霊様の声を聞いていく
  ③礼拝や集会、学びを通し、御霊に従って生きることを具体的に知っていく
  ④キリストの体である教会で「神の家族《と共に過ごし、祈り、礼拝する