<2017.7.23のメッセージ>   メッセージ:小山 大三 師

主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな


 詩篇103:1~5
1.主に感謝せよ
 詩篇103:2『わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを
 何一つ忘れるな。』 参照Ⅰテサロニケ5:18 
 米国で60吊以上の心理学者が数億円の予算を組んで、どうしたら人間性を向上させ、
 人が幸福になれるかを調査しました。
 自尊心、霊性、家族、幸いな結婚、友情、希望、生きがい、正しい目標、他人が幸せに
 なるように手助けすることなどが重要要素であることが明らかになりましたが、何よりも
 大切なのは、感謝の心を持つことであると結論づけられました。
 Think(考える)とThank(感謝する)の語源は同じです。
 私たちは時々立ち止まって、感謝すべきことに思いを向ける必要があると思います。
 デール・カーネギーは、どんな小さな事でも今感謝できる事柄や、持っているものを書き
 出し、次に一つ一つについて、もしそれらが奪われたらどのように自分の人生が変わるかを
 書き出す『幸福の訓練ゲーム』を提唱しています。
(1)感謝は心を前向きにする
 ①ノーマン・ビンセント・ピール牧師のお母さんは、ハドソン川をフェリーで渡った時、
  濃霧で景色が悪くてみなが残念がっているときに、『街がいつもと違った落ち着いた
  色合いに見えるわ』と言って感謝していた。
 ②マシュー・ヘンリーは、強盗に財布を盗まれた時もなお感謝を日記に記していた。
(2)感謝は人を謙遜にする ヤコブ4:6
 アフリカのマサイ族は、『ありがとうございます』と言う代わりに、『私の頭は土の中です』
 と言い、言葉どおりに、自分の頭を地面につけるそうです。
(3)感謝は健康に良い 箴言17:22
 『感謝は、感染症を予防するワクチンであり、抗毒素であり、防腐剤だ。』
                            (ジョン・ショウエット牧師)
 つまり、感謝は上満が心に侵入することを予防し、皮肉、批判という毒の作用を抑え、
 弱った魂をいやしてくれるのです。 
(4)感謝は状況を変える 使徒16:25~2、パウロとシラスの経験


2.主イエス様が地上で行われることの預言
 ダビデは預言の霊に満たされ、神の御子イエス様が地上に来られて救い主として行って
 下さることの預言をしました。
(1)すべての咎を赦す 詩篇103:3『主は、あなたのすべての咎を赦し』
 *地獄の生活(アル中)から解放された父親
   (『讃美の応答』マーリン・キャロザース著、P.29~30)
(2)すべての病をいやす
 詩篇103:3『・・・あなたのすべての病をいやし』
 *90歳で膝の関節が癒された小松の朝山姉。
  参照イザヤ53:5、マタイ7:7、ヨハネ14:13
(3)あなたのいのちを穴から贖う 詩篇103:4『あなたのいのちを穴から贖い』
 あなたのいのちを穴から贖いという表現は、最低限、早死にすることからの救い
 (参照:詩篇6:5、28:1)、または低い質の生活からの解放、または死者の間からの
 復活を意味していると思われます。
(4)恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、良いもので満たされ、若さがわしのように新しくなる
 詩篇103:4~5 参照イザヤ40:31
 主を待ち望み、主に感謝する時、私たちは主から力を得ます。
 また、人は感謝される時に、励ましを受け、活力を与えられます。
 今日という日に、主に感謝するだけでなく、家族や友人や誰かに感謝を表しましょう