<2018.1.21のメッセージ>   メッセージ:小山 健 師

キリストを着る者として生きる


 メイン聖書箇所:ガラテヤ3:26~29
 ・聖書に登場するファッションの中でも特別なもの=長朊(ローブ)
  →丈が足元まで覆うほど長い。袖も長い。
  →地位の高い者や祭司が着用した。
 ・長朊が意味する3つのこと。


1.神のあわれみ
 ①世界で初めの衣
 ・創世記3:4~7
  →罪が入り、人は裸であることを知り、腰をいちじくの葉で覆った。
 ・創世記3:22
  →神は人をあわれみ、皮の衣を作って下さった。
  →この皮の衣のヘブル語は長朊を意味するもの。
  →世界で初めの衣は主が人に与えて下さったもの。
 ②世界で初めの衣は『世界で初めの動物の犠牲』を意味する
 ・皮の衣を人に与えるためには、動物を犠牲にしなければいけない。
  →人の罪ゆえに気づいた裸を覆うために、動物の血が流された。
  →後に神殿で流されるいけにえ、また最高の生贄となり、私達のあがなわれたキリストの
   十字架を予表している。


2.特別な愛と権威
 ①ヨセフの長朊(創世記37:2~4)
 ・長朊を着せる=兄弟の中で最も愛する者、権威ある者とする表れでした。
 ②長朊は『特別な愛と権威』を表している(ルカ15:20~24)
 ・放蕩息子の父は長朊を着ていた
  →走り寄るためには長朊をまくらなければいけなかった。
  →長朊を来て走ることはありえないこと、ありえないほどの愛を表している。
 ・一番よい着物(=長朊)→息子に対し、特別な愛をもう一度示し、権威を与えた。
 ③私達クリスチャンも『特別な愛と権威』を表す衣を着せられている


3.義の衣(イザヤ61:10)
 ①キリストを信じる者は『義の衣』を着る
 ・私達は罪故に正しくない存在、しかし救いを受け取る時、義の衣を主は着せて下さって
  いる。
 ・ただし条件は、イエス・キリストを信じること。
 ②私達はキリストを着る者(ガラテヤ3・27)
 ・人種、地位、性別は関係ない。キリストを信じる時、私達はクリスチャンとされる。
 ・条件は信仰(罪を悔い改めて、キリストを救い主として信じること)
 ・私達が『一つ』となることができる理由=同じキリストを着ているから
 ③天で私達は、『光輝く、きよい麻布の衣』を永遠に着る者(黙示録19章)
 ・私達は天で、最高の長朊、永遠の義の衣を来て主を礼拝する